元麻布の金蔵寺は永代供養はもちろんペット供養もできる真宗本願寺派のお寺

東京の港区元麻布、というと、どんなイメージをお持ちでしょうか? バブル時代を知る人なら、芸能人がお忍びで楽しむ「隠れ家的スポット」というイメージがあるかもしれません。

これは、2000年代に入ってからの、地下鉄・麻布十番駅が開通するまで、この街に鉄道がなかったことが関係しているのかもしれません。タクシーやマイカーでしかアクセスできない(バス停はありましたが)、つまりは誰でも気軽に行ける場所でないことに加え、赤坂や六本木といったTV局に近いことも関係していると思われます。

「大使館の集まる街」のきっかけを作ったのは、なんとお寺!?

現在は東京メトロ南北線ばかりか、都営大江戸線も乗り入れる駅ができたことで、事情が変わったようですが、それでもかつてのニーズに応えて人気が出た名店は、いまだに少なくありません。

また、この地域は各国の大使館が置かれる「大使館銀座」でもあるので、さまざまな国の本格的な料理が味わえる飲食店も、多く点在しています。加えて昨年、フランス発祥の、オーガニック商品を中心に扱うスーパーマーケットも開業するなど、大使館に勤める人だけでなく、その家族もユーザーと考えた店舗が多く、日本とは違う他の国や地域の価値観を見て触って実感できるエリアとなっています。

とはいえ、麻布と外国の関係は昨日今日に始まったものではありません。なにしろこの地の随一の古刹・麻布山善福寺は、初代アメリカ合衆国公使館として駐日公使・タウンゼント・ハリスを迎え入れたほどなのですから。


出典:http://www.tree-flower.jp/13/zenpukuji_icho_313/zenpukuji_icho.htm

そんな善福寺の、第一の塔頭として開基されたのがここで紹介する金蔵寺です。由緒は古く、鎌倉時代の1226年。浄土真宗の開祖である親鸞聖人が、麻布に立ち寄った際に善福寺の了海上人と、その執事であった金蔵坊が改宗したことに始まります。

善福寺は平安時代の824年に開山と、都内では浅草・浅草寺に次ぐ歴史のあるお寺ということですが、真宗としては金蔵坊のお寺と同じキャリアともいえます。そして、真宗のお寺の中でも、開祖・親鸞と直接出会ったエピソードがあるお寺は限られるだけに、檀信徒だけでなく、真宗に興味のある人にとっても特別なお寺ということができます。


http://www.konzouji.jp/temple.htm

元は塔頭だけど侮れない、金蔵寺の出自

それはさておき、金蔵坊が営む塔頭は、やがて金蔵寺と寺号を持つようになり、およそ800年の歴史を持つ、都内有数の古刹となった次第です。塔頭は本院、この場合は善福寺を守るものとして建てられるため、今も金蔵寺は善福寺の参道にあります。

とはいえ、現在では独立した寺院として本堂や庫裡、永代納骨堂や永代供養墓、墓地も境内にある模様。本堂では法事や葬儀、会食まで、全て行えるほか、法要後の会食は席料無料な上、椅子席の洋室も用意するなど、サービスも考慮されているようです。

普通の墓地や共同墓地、ロッカー式の永代供養墓や永代納骨堂など、わずかずつだけれど微妙に違うオプションを用意する細やかさは、人間以外にも及んでいるようです。ペットも個々の納骨堂「沙羅双樹」と、合同供養塔「蓮華」を用意し、都会の愛犬・愛猫家、またはその他の生き物を愛した人々の拠り所になろうとしています。


出典:http://www.konzouji.jp/pet.htm

日本の歴史と海外の価値観が入り乱れる麻布のベースとして

最初に書いたバブル期のイメージがあって、麻布は新しい街、最近の街と見る人も少なくありませんが、今まで書いてきたように歴史の古い街でもあります。鉄道の開通が遅れたせいか、昔ながらの商店街も生き残っていて、中にはお香の専門店もあるほどです。

お香、というとこれまで書いてきたお寺に関係する線香が思い浮かぶでしょうが、今でいうアロマテラピーを楽しむような、日本古来の“香道”を伝えるお店で、体験学習も受け付けています。

「道」というからには、茶道や華道に匹敵する、厳しいマナーが要求される世界のようですが、お店なので普通に好みの香木や、匂袋についてリクエストすれば、気さくに相談に応じてくれます。

最後に宗派について改めて触れましょう。宗派は浄土真宗本願寺派、元はすぐそばにある善福寺の塔頭ですが、先にも書いたように真宗としての歴史の長さは劣りません。

麻布といえば、広尾や六本木に近いオシャレな街として、敷居が高く感じていた人もいるかと思います。そうはいっても、オシャレになったのはせいぜい二、三十年のこと。鉄道が開通しなかったおかげか、麻布十番商店街は健在で、何より歴史を感じるスポットが豊富です。

そんな麻布界隈を楽しむベースとして、金蔵寺に詣ってみるのも、悪くないとは思いませんか?

寺院詳細

正式名称:浄土真宗本願寺派 金蔵寺
所在地:東京都港区元麻布1-6-19
TEL.03-3451-7854
最寄駅:東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩6~8分
お墓・納骨堂:永代納骨堂「聖樹」のほか、永代供養墓と一般・共同墓地あり。ペット納骨堂、ペット霊園もあり


出典:http://www.konzouji.jp/seijyu.htm

金蔵寺周辺の地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL