世田谷区妙寿寺は“寺町”烏山でも最古の部類とされる、文化・芸術を愛するお寺

東京都の西を走る、京王線の千歳烏山駅は学校が多いことで知られています。世田谷区は23区内最大の人口を誇るため、少子化の時代でも10代の人数が比較的多いのかもしれませんが、単純に区の面積が広いからかもしれません。

学校は、ある程度の敷地がないと建てられませんが、実はお寺もそう。そのためこの街は「烏山寺町」と呼ばれるほどお寺が多く、「寺院通り」「寺町通り」と呼ばれる道もあるほど。

その寺院通りを、千歳烏山駅から北上し、中ほどを過ぎたあたりにあるのが法華宗のお寺、本覺山妙壽寺です。


出典:http://myojyuji.or.jp/syashin/shashin1-2.html

関東大震災で下町から逃れ、寺町を形成した22寺院の一つ

開山は徳川3代将軍家光の時代、寛永8(1631)年といいますから、まだ2代将軍の秀忠が存命だったころからある、古いお寺ということになります。最初は日蓮宗、京都の妙蓮寺の末寺で、日受上人が開山したといいます。当時は下町の谷中にあり、のち深川に移転して猿江稲荷社を別当として管理することとなり、現在の妙寿寺という寺号になったそうです。

ところで、なぜこの街にお寺が多いかといえば、1923年(大正12年)の関東大震災で焼け出されたお寺が集団移転したからだそう。その数なんと22で、現在は少し増えて26の寺院が立ち並ぶ、まさに寺町になっています。妙寿寺もその一つで、本所から浅草や築地のお寺とともに本所から逃れてきたわけです。

大名屋敷を移築した、区の指定有形文化財

そんな妙寿寺の見どころは、なんといっても世田谷区指定有形文化財である客殿。佐賀鍋島家の支藩であった蓮池家のお屋敷を昭和2年に移築したものです。

支藩といっても正しく大名屋敷ですから、木造2階ながら、そのたたずまいは豪華なもの。内部は非公開ですが、明治以降は華族となった鍋島家が所有したことで洋風に改装され、2回は特に天井が高く設計されているといいます。

なお、先ほど非公開と書いたこのお屋敷、この4月には二階を檀信徒に開放し、「ツツジ鑑賞会」を開催するなど、見学するチャンスはゼロではないようです(ただし檀信徒に限る?)。それでも、外から見るだけで、玄関や屋根の形状は分かる人には立派と分かると評判なので、歴史ファンなら一見の価値があると思います。


出典:http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/152/d00128663.html

火事に焼かれた鐘と、数々のイベントと

もう一つ、名物とされているのが、享保4年鋳造とされる境内の梵鐘。この歳は西暦でいうと1719年、「暴れん坊将軍」で有名な徳川8代将軍・吉宗の時代です。

この鐘は、名工と呼ばれ、多数の寺社に仏像などを納めた太田近江大椽藤(藤原とも)正次、通称を「釜屋の六右衛門」、ちぢめて「釜六」の作とされます。本来なら美術品的価値も高いはずでしたが、先に書いた震災で被災し、原型はとどめていません。しかし、当時の被害や恐ろしさを今に伝えるものとして現代も安置されています。

こうした歴史を感じる見もの・見どころのほか、昨年の秋には、落語家を呼んでの独演会と能のコラボ企画に本堂を提供するなど、柔軟な試みも行っています。日本の伝統芸能を伝えようという考えからの活動でしょうが、一方で動物廟の脇の庭に、薔薇のアーチを作り、開花を告知するなど、ぶらりと立寄りたくなるムードを作っています。

さらに加えて「正隆会」という講を月例で開き、檀信徒同士の出会いの場として、利用を呼びかけています。こちらはお寺本来? というか、らしい活動といえますが、仏法学習を通じて触れ合える、コミュニティの場にして行こうという意志が感じられます。


出典:http://myojyuji.jugem.jp/

寺宝のほかに、近代芸術家との交流を物語る美術品が

最後に、宗派などのおさらいを詳しくしておきしょう。宗派は法華宗本門流で、本覺山妙壽寺が正しい寺号です。本尊は他の法華宗と同様、十界曼荼羅で、開山した日崇聖人が、宗祖である日蓮上人のものを書写したもの。

また同様に、開山した日崇上人直筆による「法華経本門八品写経」があるほか、寺宝として関東大震災時に焼失を免れ、烏山にの地に移転してきた日蓮聖人坐像があります。さらに昭和の時代まで生きた、妙寿寺21世・日照師に送られた、伊東深水や吉田芳明といった近現代の芸術家の作品もあり、人を引きつける21世の人柄も偲ぶこともできます。

歴史は古く、日本の伝統芸能への保護にも熱心なようですが、それ以前に文化・芸術自体に対する理解がある寺院なのでしょう。駅からは少し遠いですが、烏山寺町を散策するゴールと設定すれば、そんなに歩くもの苦労じゃないかもしれませんよ。


出典:http://myojyuji.or.jp/aisatsu/aisatsu.html

寺院詳細

正式名称:法華宗 本覺山 妙壽寺
所在地:東京都世田谷区北烏山5-15-1
TEL:03-3308-1251
最寄駅:京王線「千歳烏山」駅より徒歩約20分
京王井の頭線「久我山」駅より徒歩約18分
お墓・納骨堂:永代供養墓「正隆会廟」のほか、一般墓地あり


出典:http://myojyuji.or.jp/syashin/shashin.html

妙寿寺周辺の地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL