真宗大谷派龍善寺はアクセス良好・近隣スポットも充実で永代供養も行っているお寺

学生のイメージのある東京・早稲田の街に、由緒正しく、歴史の古いお寺があるのをご存じですか? それが真宗大谷派龍善寺です。

新宿区は東京23区の中でも比較的、寺・神社の多いところではありますが、この龍禅寺の場合、東京メトロ東西線の早稲田駅から徒歩1~2分という駅近物件。1番出口の階段を登って振り返ると、このお寺の一角が見えることでしょう。また早稲田通りに面し、駐車場も最大13台に対応するので、自動車での訪問にも便利です。


出典:http://www.waseda-ryuzenji.or.jp/access/

見どころは新宿区最古の仏像と、胎内仏だった太子像

御本尊の「木造阿弥陀如来立像」は、1997年に区の有形文化財に指定された、歴史資料としても貴重な逸品。鎌倉時代初期の作とされ、現在確認されている中では新宿区内最古の仏像と見られています。


出典:http://www.waseda-ryuzenji.or.jp/temple/

普段は非公開なので拝観できませんが、平安時代後期の仏師・定朝(じょうちょう)の作風を受け継いだ様式“定朝様”の優品とされており、特別公開の折にはぜひ一目ご覧になられることをおすすめします。

この如来像、元々は旧三河国・愛知県岡崎市にある上宮寺にあったものだそうで、実は龍善寺は上宮寺の本尊である阿弥陀如来像の“出開帳”のために建てられたお寺なのです。

時は寛永15年(1638年)、徳川3代将軍・家光が治める江戸時代の初頭のお話です。初代将軍の家康は、江戸入府に当たって故郷の三河から、沢山の家来や職人・商人たちを連れてきました。そうした中でも、特に熱心な門徒の人々は、故郷を思うのと同時に、信仰の拠り所である如来像の姿を懐かしんだことと思われます。

しかし飽くまで出開帳、つまりは出張公開なので、この時の御本尊は上空寺に戻らなければなりません。代わりに送られた如来像が現在の御本尊となったのです。

ちなみに、このとき上空時に戻った如来像は、同寺の火災によって消失。現在は無事再建されていますが、本家よりも子院の御本尊の方が長持ちということになり、俗な言い方ですが、なにやらより御利益がありそうな気がします。

また、もう一つの見ものとされているのが「聖徳太子像」。日本国内に仏教の信仰を促した人物であり、特に真宗では、宗祖の親鸞(しんらん)聖人にお告げを与えた恩人として敬愛されています。


出典:http://www.waseda-ryuzenji.or.jp/temple/

その像は他の真宗のお寺でも見ることはできますが、このお寺のものは先ほど書いた、上宮寺に戻った御本尊から出てきた「胎内仏」。1本の木から削り出した一木造で、目は彫眼、彩色仕上げで、室町時代の作とされています。

時代が違うので、同時に作られたものではないようですが、こちらも本家の御本尊より歴史があるわけです。また、発見されたのが龍善寺での出開帳が終わり、三河に戻す際だったといわれており、非常にこの土地に縁を感じさせる太子像なのです。

本堂の設備だけでなく、近隣の施設も充実

これらの立像を収める本堂も、2012年末に完成したばかりの新しい建物で、西本堂と東本堂、1階本堂の三つからなり、威容も十分。最大200人を収容できる主本堂・西本堂に対し、東本堂は収容人数40人と、大きな行事から家族葬のような身内だけの集まりにも対応しています。


出典:http://www.waseda-ryuzenji.or.jp/

熱心な門徒でなくても訪れたくなる、魅力に溢れた龍善寺ですが、最初に書いたように好立地。交通アクセスがよいだけでなく、北側には付近では比較的広いとされる5576平方mの公園があり、参拝のあとも自由にくつろげそうです。


出典:http://www.city.shinjuku.lg.jp/seikatsu/midori01_001016.html

なお、この公園は2016年に配信され、話題になったスマホ向けゲームアプリの「レアモンスター」出現地域。お子さん連れも楽しめそうです。

また、近くに23時まで営業する食品スーパーもある上、同じビル内には22時まで営業する100円ショップも入店。法要の際に人数が多くて何かが足りない、または急な参加で必要なものが用意できない、となった場合も、現地調達に重宝しそうです。

 

最後に宗派について、おさらいしておきましょう。最初に書いたとおり、浄土真宗大谷派で、本山は京都の東本願寺。親寺の上宮寺は、聖徳太子の働きかけで、当初は奈良で開山された歴史の古い寺院だそうです(ただし、当時は真宗がまだなかったので、法相宗や三論宗、後に天台宗となったといいます)。

都会のロケーションを生かしながら、歴史と伝統に裏打ちされた魅力も豊富な龍善寺。信心の心は必要ですが、観光スポットに出かけるような気分で一度参拝されてみてはいかがでしょうか。

【寺院詳細】

浄土真宗 真宗大谷派龍善寺

所在地:東京都新宿区早稲田町77番地

Tel.(代):03-3209-4709

東京メトロ(地下鉄)東西線 早稲田駅より徒歩1~2分

参拝時間:平日9:00~18:45/休日・祝日・年末年始 9:00~17:00(納骨堂)/区画墓地・永代供養墓は日の出~日没まで

お墓・納骨堂:個別葬の早稲田納骨堂と龍善寺墓地のほか、合葬の永代供養墓


出典:http://www.waseda-boryo.jp/ossuary/

【真宗大谷派龍善寺周辺の地図】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL