臨済宗妙心寺派 善勝寺は美しい枯山水と観音像が魅力永代供養も行っているお寺

臨済宗妙心寺派善勝寺は美しい枯山水と観音像が魅力永代供養も行っているお寺

 

長閑で自然豊かな埼玉県の鴻巣市に、四季折々の草花が美しく咲き誇る見事な枯山水を持ち、永代供養も行っている寺院があることをご存知でしょうか?それが臨済宗妙心寺派 善勝寺です。

 

JR高崎線の鴻巣駅からタクシーで約12分と、徒歩での来寺では少々遠い立地となりますが、善勝寺からすぐのところに善勝寺停留所もありますので、鴻巣駅からバスで行くのが良いでしょう。また125台分の広い駐車場が完備されていますので、ドライブがてら出かけてみても気持ちの良い場所です。

 

 

体内に仏像を収めた珍しい観音様が祀られた善勝寺

 

善勝寺の開山は清庵祖銀禅師で、創建は豊臣秀吉が存命だった1573年から1592年ごろに遡ると言われています。

 

そんな由緒正しい歴史を持つこの寺院には、釈迦如来像と観音様が一体ずついらっしゃいます。本堂にはご本尊である釈迦如来が祀られており、観音様は本堂から向かって左手の山門を入ってすぐの観音堂に祀られています。

参照:http://www.zensyoji.or.jp/

 

実はこの観音様はとても古いもので、江戸初期に畑から掘り出された観音様だと伝えられています。この観音様には他の観音様にはない仕組みが備わっていて、なんとその体内に仏像が収められています。実は観音様の腹部が開くような作りとなっており、そこを開くと仏像を見ることができるというものですが、この事から安産祈願をされる方が後を絶ちません。

 

この仏像は数十年に一度しか見ることが許されなかったものでしたが、現在では毎月1日と15日に開扉されています。善勝寺に行かれるのでしたら是非この日程に合わせての来寺をおすすめします。

 

参照:http://www.zensyoji.or.jp/

 

繊細に表現された枯山水で癒しのひとときを

 

善勝寺の魅力は柔和な表情で佇む釈迦如来、観音様もさることながら、見事な庭園にもあります。山門をくぐると蒼山園山口修氏によって造られた見事な枯山水を見ることができます。山門を入ってすぐの庭園は釋迦と十大弟子をテーマにし、本堂奥の坪庭は九山八海をテーマにしたといわれています。

 

参照:http://www.zensyoji.or.jp/

 

その枯山水の繊細さは見事なまでで、周囲の緑と調和してひとつの世界観を作り上げています。その中に添水から流れ出す清らかな水音が響き渡り、そこに居るとまるで時間を忘れてしまうかのようです。

 

四季折々の草花が植えられているので、どの季節に行っても違った姿を見せてくれるというのも嬉しいですね。

 

参照:http://www.zensyoji.or.jp/

 

仏様の慈悲を受けながら穏やかな眠りにつく永代供養墓

 

善勝寺には全長135メートルという大きな永代供養墓があります。「東光山合同船」という名称の永代供養墓ですが、こちらは自然豊かな善勝寺の敷地内でも、たいへん日当たりがよく穏やかな雰囲気に包まれています。

 

合同船というのは「無影樹下の合同船」というところからつけられた名で、無影樹とは極楽の木のことを指し、船とは仏の慈悲のことを指します。つまり、「極楽の木の下で皆で仏の慈悲に乗る」という意味合いがあり、仏様に護られながら深く穏やかな眠りにつくことができそうです。

参照:http://www.zensyoji.or.jp/

 

この永代供養墓は過去の宗派を問わず利用できるもので、さらに納骨後の管理費、入檀料、寄付などの要求もないという、とても負担の少ないものとなっています。生前の申し込みも可能ですので、ご遺族に将来的な負担はかけたくないという方に最適な永代供養墓だと言えるでしょう。

 

周辺は自然豊かで寺院巡りもできる立地

 

善勝寺の周辺は冒頭にも申し上げましたように、とても自然豊かで穏やかな土地となっています。眼前に広がる水田と広い青空で、たいへん心安らげる立地となっています。

 

基本的に住宅と水田に囲まれた土地ですが、周辺には他にも大きな寺院や神社がいくつかあり、善勝寺を参拝した後にそちらにも足を延ばす寺院巡りも楽しめそうです。

 

さらに聖明王院弥勒大仏が車で約3分のところにいらっしゃいます。黄金色に輝く大きな弥勒大仏は一見の価値ありです。近くに行ったらぜひ一度は見ておきたいものです。

 

善勝寺の近隣で買い物ができる場所は少なく、飲食店が数軒あるといった程度ですので、法要の際は必要なものを忘れずに持っていきたいものです。

 

東京からも利用したくなる、魅力に溢れた由緒正しき寺院

 

最後に宗派についてですが、善勝寺は臨済宗のお寺になります。本山は京都花園妙心寺となり、豊臣秀吉の時代に創建された長い歴史を持つ由緒正しい寺院です。

参照:http://www.zensyoji.or.jp/

 

都心部からは少し距離がある立地ではありますが、東北自動車道を使えば1時間半ほどで着くことができる距離です。また、JR高崎線に乗って電車の旅を楽しみながら参拝に行くのも良いでしょう。

 

最近では東京の方でこちらの永代供養墓を利用される方も多くなってきているそうです。都心部からのアクセスは少々時間がかかりますが、この善勝寺にはそれでもここを利用したいと思えるだけの魅力があるということでしょう。ぜひ一度来寺されて、この寺院の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

 

【寺院詳細】

臨済宗妙心寺派 善勝寺

所在地:埼玉県鴻巣市境147

Tel.:048-569-0810

Fax:048-569-2294

メール:temple@zensyoji.or.jp

JR高崎線 鴻巣駅よりタクシーで約12分/鴻巣市コミュニティバス 川里循環コース左回り 善勝寺停留所より徒歩1分/駐車場あり

参拝時間:9:00~17:00/仏像の開扉は毎月1日、15日

お墓・納骨堂:個別葬である善勝寺墓地と永代供養合同墓地である「東光山合同船」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL